スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年の健康食品・サプリメント市場、4年ぶりに増加の見込み(医療介護CBニュース)

 健康食品とサプリメント(機能志向食品)の昨年の市場規模は6162億円(前年比1.3%増)で4年ぶりに増加する見込みであることが、民間調査会社の富士経済(本社=東京都中央区)の調査で分かった。健康食品市場は前年より0.1%減少したものの、6.4%増のサプリメント市場が全体を押し上げた。同社では「サプリメントの成長により、市場はさらに拡大すると予測される」としている。

 同社は昨年10、11月、関連企業からヒアリングなどを行い、「肝機能改善」や「整腸効果」「生活習慣病予防」など16効能分野の食品について調査した。

 昨年の機能志向食品の市場見込みは全体で6162億円(健康食品4809億円、サプリメント1353億円)で、ドリンク類などを含む健康美容食品全体の34.3%を占めた。16効能のうち10分野の販売実績が増加し、市場規模が最大の滋養強壮分野が846億円となるほか、通販のにんにく商品が183億円で3年ぶりに増加する見通しだ。また、これまで低迷の大きな原因だった「ダイエット」「免疫賦活作用」の2分野の減少も、小幅にとどまる見込み。
 注目される効能分野は、「肝機能改善」348億円(前年比6.3%増)、「生活習慣病予防」686億円(同3.6%増)など。肝機能改善市場では、サントリーグループの「セサミンEプラス」がけん引し、今年はさらに市場の拡大が予測されるという。生活習慣病予防市場は、一昨年の特定健診(メタボ健診)の義務化後も低迷していたが、4年ぶりに拡大する見通しだ。


【関連記事】
後発品市場は年6-9%の成長率で推移―富士経済
08年のOTC総市場、再びマイナス成長に
臨床検査事業、海外展開を軸に成長へ―矢野経済
昨年の医療用医薬品市場、6兆7千億円余―富士経済
スイッチOTC市場の拡大、08年の一般用医薬品市場の微増維持に寄与

小沢氏、記者団に「何も職を辞する必要もない」(産経新聞)
<大雪>夜行列車12本運休 JR東日本(毎日新聞)
高速道路にサバ14トン散乱=トレーラーの積荷が落下-大分(時事通信)
実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
<歌会始>「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。