スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間移設争点、名護市長選が24日投票(読売新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非を争点にした同県名護市長選は24日、投開票される。

 選挙戦では受け入れに反対する新人の前市教育長・稲嶺進氏(64)(無=民主・共産・社民・国民推薦)と、容認派で自民、公明両党の支援を受けて再選を目指す現職・島袋吉和氏(63)(無)が激しく競い合った。選挙結果は、移設先を再検討している鳩山内閣の判断にも影響を与えそうだ。

 稲嶺氏は「基地問題を終わらせる」と移設反対を主張。受け入れの事実上の見返りである政府の北部振興策も市の活性化につながっていないとして、市政刷新を訴えた。

 島袋氏は「政府が決めること」という立場から移設問題には積極的に触れず、企業誘致で約1000人の雇用を創出した実績を強調。新たな市の活性化策をアピールした。

 有権者数は4万5521人(16日現在)。

「認知症加算」、85%が算定―千葉県内のケアマネ事業所(医療介護CBニュース)
<地震>宮崎、鹿児島で震度4=午後4時15分ごろ(毎日新聞)
つかこうへいさんが肺がん公表(時事通信)
「悪臭ひどい、まずライフライン」=ハイチ視察、日赤社長が帰国-成田(時事通信)
【島の風景2010】隠岐・島後 島根県(産経新聞)
スポンサーサイト

「拙速な可視化よくない」=法案提出をけん制-国家公安委員長(時事通信)

 取り調べを録音・録画して可視化する法案について、民主党の一部で今国会への提出を訴える声が相次いだことについて、中井洽国家公安委員長は22日の閣議後会見で、「(小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる事件など)いろいろな事件が起こったから急きょやるとか、拙速は一番まずい。落ち着いて捜査手法の近代化という大きな枠組みの中で勉強するのが一番いい」と述べた。
 同委員長は、捜査のあり方に関する研究会を2月初めに設置することを関係省庁や平野博文官房長官らに報告したと説明。「そうした流れを知らない方を中心に(可視化が)簡単なことのように言っているが、まあ収まってくるだろう」と法案提出の動きをけん制した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

銚子電鉄「デハ702」最後の旅 鉄道ファンら花道飾る(産経新聞)
岡田外相、核政策で米に書簡(産経新聞)
センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」(産経新聞)
自民 胆沢ダム視察へ(産経新聞)
都議補選あす投開票(産経新聞)

銘酒は名水から 吹雪の中での「寒九の水くみ」(産経新聞)

 寒の入りから9日目にあたる13日、新潟県五泉市の菅名岳(すがなだけ=標高909・2メートル)で、地元の銘酒「菅名岳」の仕込み水をくむ「第19回寒九の水くみ」が行われた。全国から集まった一般参加者が往復約2時間をかけて、水源まで歩いて水をくむイベントに記者も参加してみた。

 醸造元の近藤酒造(五泉市)によると、古来、寒の入りから9日目の水は1年で一番澄み、腐らないと言い伝えられ、酒造業界では、この日の水で仕込んだ酒が最高の出来となるとされる。

 「夏でも豊富な水量を誇る菅名岳のわき水を使って酒を作りたい」という蔵元と地元の酒販店の思いから、平成4年に水くみが始まり、今回が19回目となった。

 完成した新酒がプレゼントされるとあって、年々参加者が増加し、最近はその数、約400人にも上っている。

 午前9時ごろ、ふだんは雪に埋もれて静かな登山道に、多くの日本酒ファンが集結した。みんな冬山用のフル装備だ。

 目指すは中腹にある「どっぱら清水」。

 ここからわき出る名水を男性は20リットル、女性は10リットルタンクにつめて運ぶ。ちなみに、「どっぱら清水」の「どっぱら」とは「胴腹」のことで、山の真ん中にある清水という意味らしい。

 新潟地方気象台によると、この日の五泉市周辺は積雪約50センチ。時折とどろく雷鳴に参加者の不安が募る。

 それでも、借り受けたポリタンクを背負って登山が始まった。

 山から吹き下ろす強風が、水分を多く含んで凍った雪粒を容赦なく顔に打ち付ける。

 「取材をしなければ…」と参加者らに話しかけたり、カメラのシャッターを切ったりしながら歩き続けたが、雪がぶつかるあまりの痛さに前を向くのもいやになってきた。そんなとき、早々と水をくみ終えて下山する参加者がかけてくれる「がんばって」「お疲れさま」などの言葉が暖かかった。

 一面の銀世界を沢伝いに歩くこと約1時間で、ようやく水くみ場にたどり着いた。わき水を飲んでみるとクセがなく、まろやかな舌触り。

 山を歩き続け、渇いたのどに染み込むようだった。

 さあ下山だ。

 だが、20リットルの水が入ったタンクは思った以上に重かった。足元がふらつく。沢わたりで滑って転び、人一人ようやく通れるような細い雪道に足が埋もれてまた転ぶ。

 ようやくふもとに戻り、水をタンク車に移したときには、全身がびしょぬれになっていた。

 スタッフらも「この19年で一番大変な水くみだった」と振り返った。天候に恵まれた年は、1人で何往復もする猛者もいるが、今回は吹雪のため1往復のみだった。

 新潟市中央区から来た大塚あつ子さん(40)は、「今年で4回目の参加。知人と一緒に始めて、病みつきになった。いいお酒は苦労しないとできないんだと実感した。いつか4往復するのを目標に参加し続けたい」とか。

 なかには、15年連続参加という女性もいた。

 みんなでくんだ水は約2万リットル。新潟県の酒米「越淡麗」を使って仕込み、1升瓶約2万本分の清酒となる。

 辛口ですっきりした味わいが特徴で、来月には絞り工程を経て完成し、参加者には販売前にプレゼントされる。

 朝6時に東京を出発してやってきた米国人のハラルド・デロップさん(42)は「日本酒は大好き。でも、菅名岳は人が歩いて水をくんでいるとは知らなかった。すばらしい」と驚きの声を上げていた。

 ところで翌日、運動不足の記者の両足は当然のようにひどい筋肉痛に襲われた。

 しかし、来月できあがる新酒のうまさに思いをはせれば、あの雪の中の苦労も悪くない…と思えてくる。(高木克聡)

【関連記事】
播磨農高と酒蔵がコラボ 「玉丘のしずく」限定発売
“日本酒”の新たな仲間 国産マッコリ
あの二枚目俳優の実家から樽酒 塚地「石原軍団みたい」
老後の蓄え全投入 マンションに「酒蔵」作った元気社長
英議会に日本酒が初登場 交流150年記念で一献

雑記帳 高橋尚子さん、北海道で野菜づくり(毎日新聞)
<リコール>BMW15車種、ロールスロイスも4車種(毎日新聞)
地域限定で対策期間=振り込め詐欺で警察庁長官(時事通信)
小沢氏進退「世論見て判断」=仙谷担当相(時事通信)
宇奈月温泉の老舗旅館、無資格の中国人を仲居に(読売新聞)

財務省改革でチーム設置=4月までに具体策提言-菅財務相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は19日の閣議後記者会見で、財務省改革案を検討するプロジェクトチームを月内に設置すると発表した。縦割り意識や省益優先などの弊害を改めるためで、菅財務相は「国民のことを考えて仕事をする役所に変えていきたい」と強調。公募で選ぶ省内の中堅・若手職員で構成し、4月までに具体策を提言してもらう。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

法制局長官陪席の打診否定=平野官房長官(時事通信)
<訃報>湯川龍二さん93歳=元日本電設工業社長(毎日新聞)
胆沢ダム工事受注の「宮本組」へ 談合仕切り役“天下り” 下請け捜索(産経新聞)
聴覚障害裁判員候補 手話通訳の手配怠る(産経新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)

2氏が届け出=津市長選(時事通信)

 任期満了に伴う津市長選は24日告示され、共産党公認の新人で元市議の岡野恵美氏(57)と、無所属の現職で再選を目指す松田直久氏(55)の2氏が立候補を届け出た。投開票日は31日。
 岡野氏は、市長の月給とボーナスを半額、退職金を全額カットすることなどを公約に掲げている。4年前の10市町村による合併を受けて行われた市長選で初当選した松田氏は、職員数の削減をはじめとする行政改革や救急医療体制の整備など1期目の実績を訴える。 

【関連ニュース】
名護市長選、投票進む=普天間移設に影響
名護市長選、24日投開票=普天間争点に最後の訴え
名護市長選結果「尊重する」=北沢防衛相
名護市長選、住民意思を注視=普天間移設問題で
名護市長選、24日投開票=期日前、前回の1.5倍

<新型インフル>輸入ワクチンの国内販売を承認…厚労相(毎日新聞)
回らぬ風車、早大の賠償減額=つくば市の過失指摘-東京高裁(時事通信)
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満(医療介護CBニュース)
【中医協】先進医療12技術の保険導入を了承(医療介護CBニュース)
<囲碁>関西棋院2人目の外国人女性棋士(毎日新聞)

民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の足立信也政務官は1月22日に開かれた同省の第8回政策会議後の記者会見で、21日に民主党の「適切な医療費を考える議員連盟」が診療報酬の点数配分についての緊急提言を同党の小沢一郎幹事長あてに提出したことについて、まだ厚労省に連絡はないが、内容を見た上で「十分検討させていただきたい」と述べた。

 厚労省は22日の政策会議で、今国会提出の厚労省に関連する法案や来年度の診療報酬改定について与党議員に説明した。出席議員からは、議連提出の緊急提言や、大学病院とそれ以外の病院の役割や報酬上の評価の違いなどについて質問があったという。
 足立政務官は議連による緊急提言について、現時点では民主党から連絡を受けていないとした上で、「(緊急提言の内容も)そのまま来るのか、あるいは違った形で来るのか分からない。それを見て十分検討させていただきたい」と述べた。


【関連記事】
再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連
病院再診料、診療所並みに引き上げを―民主議連が報酬配分で要望
診療報酬改定の課題、月内に取りまとめ―民主議連
次期通常国会への提出法案を説明-厚労省政策会議
党の報酬引き上げ要望「大変ありがたい」-長浜厚労副大臣

<殺人容疑>女性刺した男逮捕 静岡・富士(毎日新聞)
日本に群がる「爆窃団」 スピード逮捕で見えた強欲さ(産経新聞)
小沢氏の政治資金問題 本格政権を目前にしたハードル(産経新聞)
社会医療法人、79法人に(医療介護CBニュース)
猪口氏ら7人、自民追加公認(産経新聞)

平城宮跡で火災、建物被害なし=草地600平方メートル-奈良(時事通信)

 16日午後0時45分ごろ、奈良市佐紀町の平城宮跡で、雑草から煙が出ているの通行人が見つけ、警備員の男性が119番した。火は約600平方メートルの草地を焼き、消防隊が約20分後に消し止めた。けが人はなく、建物にも被害はなかった。
 奈良署は現場に通行人が多いことから、何らかの火の不始末が原因とみて詳しく調べる。 

次期通常国会への提出法案を説明-厚労省政策会議(医療介護CBニュース)
<石川議員逮捕>「小沢体制で戦えるか」党大会で困惑の声(毎日新聞)
フジTV「銀座めざマルシェ」内覧会 全国の物産品2万点販売へ(産経新聞)
南日本銀行員、当て逃げで逮捕=ナンバーの跡残り浮上-鹿児島県警(時事通信)
<交通事故>大学生はねられ死亡 横浜(毎日新聞)

昨年の健康食品・サプリメント市場、4年ぶりに増加の見込み(医療介護CBニュース)

 健康食品とサプリメント(機能志向食品)の昨年の市場規模は6162億円(前年比1.3%増)で4年ぶりに増加する見込みであることが、民間調査会社の富士経済(本社=東京都中央区)の調査で分かった。健康食品市場は前年より0.1%減少したものの、6.4%増のサプリメント市場が全体を押し上げた。同社では「サプリメントの成長により、市場はさらに拡大すると予測される」としている。

 同社は昨年10、11月、関連企業からヒアリングなどを行い、「肝機能改善」や「整腸効果」「生活習慣病予防」など16効能分野の食品について調査した。

 昨年の機能志向食品の市場見込みは全体で6162億円(健康食品4809億円、サプリメント1353億円)で、ドリンク類などを含む健康美容食品全体の34.3%を占めた。16効能のうち10分野の販売実績が増加し、市場規模が最大の滋養強壮分野が846億円となるほか、通販のにんにく商品が183億円で3年ぶりに増加する見通しだ。また、これまで低迷の大きな原因だった「ダイエット」「免疫賦活作用」の2分野の減少も、小幅にとどまる見込み。
 注目される効能分野は、「肝機能改善」348億円(前年比6.3%増)、「生活習慣病予防」686億円(同3.6%増)など。肝機能改善市場では、サントリーグループの「セサミンEプラス」がけん引し、今年はさらに市場の拡大が予測されるという。生活習慣病予防市場は、一昨年の特定健診(メタボ健診)の義務化後も低迷していたが、4年ぶりに拡大する見通しだ。


【関連記事】
後発品市場は年6-9%の成長率で推移―富士経済
08年のOTC総市場、再びマイナス成長に
臨床検査事業、海外展開を軸に成長へ―矢野経済
昨年の医療用医薬品市場、6兆7千億円余―富士経済
スイッチOTC市場の拡大、08年の一般用医薬品市場の微増維持に寄与

小沢氏、記者団に「何も職を辞する必要もない」(産経新聞)
<大雪>夜行列車12本運休 JR東日本(毎日新聞)
高速道路にサバ14トン散乱=トレーラーの積荷が落下-大分(時事通信)
実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
<歌会始>「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)

沼津の漁具など指定を=重要民俗文化財-審議会答申(時事通信)

 国の文化審議会(西原鈴子会長)は15日、静岡県沼津市の「沼津内浦・静浦および周辺地域の漁労用具」など3件を重要有形民俗文化財に、富山県入善町で行われる小正月の行事「邑町(むらまち)のサイノカミ」など2件を重要無形民俗文化財に指定するよう、川端達夫文部科学相に答申した。これで重要有形・無形民俗文化財はそれぞれ210件と266件となる。
 沼津市では大正初期まで、マグロ、カツオを最大20人程度の集団で網に追い込む「オオアミ漁」が行われた。長さ約264メートルの網、山の上から魚の位置を知らせる竹製の拡声器「ローフー」などが指定対象となる。
 文化審はほかに、国の有形民俗文化財に4件を登録するよう川端文科相に答申。記録作成などの措置を講ずべき無形の民俗文化財に5件を選択するよう玉井日出夫文化庁長官に答申した。 

「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者(産経新聞)
水谷建設幹部の名刺押収=石川議員事務所から-「裏献金手渡し役」・東京地検(時事通信)
なぜ?外国人参政権法案で歯切れ悪い自民 反対は多数だが…(産経新聞)
志位・市田体制を継続=共産(時事通信)
福島氏「これは政治資金規正法違反事件なのか、贈収賄事件までいくのか…」 小沢氏問題で(産経新聞)

<南極>日本が初の各国基地査察へ 廃棄物の適正処理などで(毎日新聞)

 環境省は19日、環境保護に関する南極条約議定書などに基づき、日本として初めて南極の各国基地を査察すると発表した。26日から3週間の日程で、国立極地研究所の専門家ら5人を派遣する。

 査察団は、昭和基地のある地域に各国が設置している15基地のうち、5、6カ国の基地を訪れる。廃棄物が適正に処理されているかや自然エネルギー利用など最新の環境対策を確認して報告書にまとめ、条約協議国会議に提出する。

【関連ニュース】
シー・シェパード:抗議船、油流し南極海を漂流
反捕鯨団体:弱酸性の液体投げ妨害 南極海
しらせ:厚い氷で難航 例年の倍、2~3メートル
巨大氷山:南極海から豪大陸へ漂流 伊豆大島の1.5倍
調査捕鯨:シー・シェパード船衝突 抗議船、沈没せず南極海を漂流

「命にかかわる事業以外は廃止」=夕張派遣職員らが意見交換-愛知県春日井市(時事通信)
椿まつりキャンペーン隊 石原都知事を表敬訪問(産経新聞)
陸山会、石川氏事務所、鹿島…特捜部係官が次々と 土地疑惑で捜索(産経新聞)
鳩山首相、先端医療センターを視察(時事通信)
平泉、小笠原を正式推薦=世界遺産候補-政府(時事通信)

民主の「金権体質」、自民が追及へ=公明「わが党なら即辞職」(時事通信)

 東京地検特捜部が小沢一郎民主党幹事長の元秘書の石川知裕衆院議員を逮捕したことを受け、自民党は18日召集の通常国会で小沢氏の責任を徹底的に追及する方針だ。鳩山由紀夫首相の偽装献金事件と併せて、民主党の「金権体質」に照準を定め、政府・民主党を追い詰めたい考えだ。
 自民党の谷垣禎一総裁は15日夜、「逮捕は極めて残念だ。不動産購入の経緯には小沢氏の関与があるとされており、側近らの逮捕でその先の大きな闇が解明されることを期待する」との談話を発表した。談話では「(野党側が)審議に応じられる前提として、政府・与党は十分な説明を果たすべきだ」とも強調した。
 また、自民党の田野瀬良太郎総務会長は取材に「カネまみれの金権体質で、かつての自民党を見ているようだ。小沢氏の問題そのものだ」と指摘。菅義偉元総務相は「小沢氏が真実を説明できなければ議員辞職が必要だ」と語った。
 公明党の山口那津男代表は記者団に「捜査は新たな段階に入った。一層、本人の説明が求められる」と、小沢氏に十分な説明を要求。斉藤鉄夫政調会長は「わが党なら即除名で、少なくとも議員辞職だ。民主党には自浄能力を求めていく」と批判した。
 共産党の市田忠義書記局長は「逮捕は当然だ。問題は資金の不記載にとどまらず、資金の出所にゼネコンからの提供の疑惑があることだ。国会での解明も要求したい」とのコメントを発表。みんなの党の渡辺喜美代表は記者団に「出処進退は自身が判断すべきだ」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

龍馬「コウカ」期待…国内初、実在人物肖像で硬貨(読売新聞)
土地疑惑、強制捜査 小沢氏「国民は理解」 政府・与党に緊張 (産経新聞)
行政書士と妻逮捕=架空会社で中国人雇用-資格外活動ほう助容疑・警視庁(時事通信)
<元厚生次官宅襲撃>小泉被告に死刑求刑 さいたま地裁公判(毎日新聞)
<NHK>10年度後期の朝の連続テレビ小説は「てっぱん」(毎日新聞)

土地疑惑 自民、辞職勧告提出も(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる疑惑で東京地検特捜部が関係先の一斉捜索に踏み切ったことを受け、自民、公明両党は18日召集の通常国会で、小沢氏に絡む疑惑の徹底追及に乗り出す。併せて鳩山由紀夫首相の違法献金事件も追及し、内閣総辞職に追い込む構えを見せている。

 自民党の谷垣禎一総裁は13日夕、「疑惑の闇に向かって一歩解明が進んでいるのではないか。証人喚問や参考人招致など、できうる手段を尽くして真相解明を迫りたい」と強調。大島理森幹事長は小沢氏や元秘書の石川知裕衆院議員の議員辞職勧告決議案提出を視野に入れる考えを表明した。

 公明党は13日、「組織活動費」を名目に政党が特定議員へ支出できないようにする政治資金規正法改正案を18日召集の通常国会に提出する方針を固めた。山口那津男代表は「民主党は自浄能力の発揮に努めるべきだ。徹底した国会審議が必要だ」と述べた。

 自民党は疑惑追及に向け、すでにプロジェクトチームを発足させており、14日に党本部で勉強会を開催、一連のカネの流れを整理・検証する。衆院予算委などで「政治とカネ」の集中審議を求め、攻勢をかける一方、街頭などでも疑惑追及キャンペーンを繰り広げる方針。

 共産党の志位和夫委員長も「民主党が誰一人この現状でモノを言わないのは異常だ。政権与党の幹事長が堂々と国民の前に事実を明らかにしないなら、国会での追及も当然必要になってくる」と厳しく批判した。

 一方、民主党の山岡賢次国対委員長や仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は家宅捜索が始まった13日夕、都内のホテルで開かれた自治労新年交歓会に出席していたが、報道陣を避けるように会場を退出した。高嶋良充筆頭副幹事長は取材に応じたが、国会審議の影響について「ないと思う」とだけ述べた。

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「正直びっくりしたが、捜査をしっかり見守っていきたい。(小沢氏の説明責任は)本人が判断されると思う」と困惑気味に語った。

<歌会始>来年の題は「葉」(毎日新聞)
元厚生次官宅襲撃 小泉被告に死刑求刑 さいたま地裁公判(毎日新聞)
貴金属店に点検要請へ=多額窃盗受け、防犯対策検証-警察庁長官(時事通信)
山陰北陸で大荒れの天気、西日本では広い範囲で積雪も(産経新聞)
谷川岳で男性遭難か(産経新聞)

「核密約」韓国に示唆、駐韓大使が朴大統領に(読売新聞)

 沖縄返還交渉を巡り、当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領が交わした有事の際の核持ち込みに関する「密約」に関連し、日本側が当時、返還後も沖縄への核持ち込みを可能とする解釈を韓国に伝え、密約の存在を示唆していたことが8日、明らかになった。

 大阪市立大の小林聡明研究員が韓国の公文書をもとに、9日発売の「中央公論」2月号で論文を発表した。佐藤家が昨年12月に公表した密約文書を補強するものとなりそうだ。

 小林氏によると、沖縄返還で合意した1969年11月の日米首脳会談後、金山政英・駐韓大使が朴正煕(パクチョンヒ)大統領と会談した際、「有事の際には核兵器の搬入が可能なものと解釈されます」と説明し、米軍の核抑止力低下を懸念した大統領に理解を求めていた。大使は「(佐藤首相からは)韓国の憂慮はよく承知し、日本としても核兵器があるのがよいが、国内事情から見て、『核抜き、本土並み』の立場を堅持せざるを得ないとの説明があった」とも語っていた。

お笑い業界のあしき習慣
みつおのブログ
Thanks
つねおのブログ
とある税理士のブログ

【葬送】カトリック枢機卿・白柳誠一(しらやなぎ・せいいち)氏 (産経新聞)

 □5日、東京都文京区関口の東京カテドラル聖マリア大聖堂

 ■「怖れずに歩み」人生疾走

 聖書にある「キリストの愛が私たちを駆りたてる」という一節がモットー。その言葉通り、多岐にわたる分野で人生を疾走した。

 中でも江戸時代の迫害で殉教した信者の調査や追悼、軍縮活動などに尽力した。喪主を務めた岡田武夫・東京大司教は、平成20年長崎での殉教者を追悼するミサの言葉を強く覚えている。「『怖れずに歩み、進みましょう。怖れるな。怖れるなと神様が、殉教者が呼びかけている』と強く繰り返し強調された」

 熱心な信者の家庭に育ち、中学時代に聖職を志した。6年に前教皇ヨハネ・パウロ2世から、教皇に次ぐ地位である枢機卿に任命。日本人として4人目。白柳さんの死去で日本人の枢機卿は不在となった。

 キリスト教の枠にこもらず、仏教、神道、新宗教など諸宗教対話のリーダーとしても活躍。葬儀には、他宗教の人たちの姿も多くあった。代表して弔辞を読んだ世界宗教者平和会議日本委員会の庭野日鑛理事長は「国内の諸宗教が世界に目を開く契機をつくってくれた。日本を代表する宗教者だった」としのんだ。

 宗教指導者としては珍しく著書がない。「文章を書くよりも、多くの人と話をしたい」。そう信念を語っていた。激務の息抜きは、酒を酌み交わすこととピアノ。老若男女を問わず多くの人と交流を深めた。

 12月30日死去、享年81。

「その生きざまは信者だけでなく、多くの人に余韻として残り続けるだろう」。側近の1人はそう信じている。(赤堀正卓)

いつでも、元気な看護師です。
i7md9tvpのブログ
競馬サイト
債務整理・自己破産
現金化
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。